FC2ブログ

使い込んだリモコンを直す

だれでも経験あるよな。


リモコンのよく使うボタンが反応悪くなったり、いうこと


利かなくなる。 


何回も押したり、力いっぱい押したり、結局ダメで


わざわざ本体のところまでいって操作したりする。


我が家のハードディスクレコーダーのリモコンも同様です。


我慢も限界に達し、分解しました。

rimokon_1

ボタンの反応が悪くなるのは、写真の基盤とボタンがついてるラバーシートに


原因があるようです。


まずラバーシートの汚れ。

rimokon_2

数年間使っていれば、大量に汚れが附着してます。


もちろん掃除しますが、ラバーが破れたりすると元も子もないので


私は綿棒にアルコールや洗剤をつけて拭取りました。


でもこの汚れは直接ボタン操作には影響しません。


問題はこのラバーシートの裏側と基盤との接触部分です。


使い込んでいくうちに接触部分が汚れたり、磨耗したりして


反応が悪くなるらしいです。


この手の修理は、調子の悪いボタンの裏側と基盤の接触部分にアルミ箔を貼る方法ですが


いろいろ調べていたらおもしろい方法が紹介されてました。


基盤やラバーの汚れた部分を「プラスチック消しゴム」で清掃する方法です。


決して強くこすったりせず、なでる程度でやるのがコツらしいです。


強くこすったり、砂消しゴムなんかを使うと基盤を傷めてしまうので厳禁とのこと。


試しにやってみたらよく使うボタンの部分は黒い汚れが目立ちました。

rimokon_5


清掃後、組み立てて使ってみたら、まったく反応しなかったボタンが100%ではないですが、


反応するようになりました。これ以上を望むなら、やはりアルミ箔を貼ってみようと思います。


スポンサーサイト



プロフィール

ヘンコツオヤジ

Author:ヘンコツオヤジ
香川県の坂出近郊や高松でヘタクソな釣りをしております。アジング、メバリングを始めてたぶん3年目。
まあ、何事もアバウトなのでなかなか上達しません。釣りって難しいねー。

カテゴリ
SHIMANO TV
釣りに行けない日は こちらで
カウンター
カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
自分を励ます言葉
人生っていろいろあるよね